奈良ロータリークラブの活動

奉仕プロジェクト委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 木堂 一美

《基本方針》

クラブの奉仕活動の根幹を担う委員会であると考えております。
地区スローガン「ロータリーを学び、実践、発信しよう」のもと、本年度 倍巌会長は「ロータリーを楽しみ・喜びと感謝の心で奉仕しよう!」と挙げられ、特に青少年育成の必要性も強調されておられます。職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、各委員会事業のコンセプトと重要性を確認し各々クラブ全体事業として支援に努めたいと思います。

《活動計画》

  1. ・各々の委員会事業にこだわらず、奉仕の全体事業として推進支援する
  2. ・社会奉仕委員会を中心に「こども奈良ソムリエ」育成プロジェクトを継続事業として支援
  3. ・職業奉仕の意義の重要性を事業を通じて啓蒙
  4. ・会長、理事会の方針に沿ってクラブの目的達成に努める

職業奉仕委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 速水 英樹

《基本方針》

ロータリアン各自の職業奉仕意識を高め、奈良ロータリークラブらしい職業奉仕活動を実践する。

《活動計画》

  1. ・職業奉仕のモデルになる企業見学会
  2. ・職業奉仕についての講師例会、会員卓話における職業奉仕に関する紹介
  3. ・「こども奈良ソムリエ」育成プロジェクト事業への協力

社会奉仕委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 野矢 明

《基本方針》

昨年度実施され、大きな成果を上げることが出来た「こども奈良ソムリエ」育成プロジェクトを継続事業として実施します。
本年度は、「万葉集」をキーワードに、歌に詠まれた地を直接訪れ、先人たちの思いを共有することで子供たちが、より奈良を好きになるきっかけを作ると共に、「自らの言葉で自分たちのまちを語る事の出来る青少年を育成する」ことを目指します。
プロジェクトの総合コーディネーターには、「万葉文化論」の大家である奈良大学文学部国文学科教授 上野誠先生をお招きし分かりやすく奈良を学ぶ機会とします。
また、この事業を通じ、ロータリアン自らも子ども達と共に学び、奈良の素晴らしさを再確認する機会とします。
なお、「東大寺福祉療育病院天坊まつりの応援」などの継続事業では、より多くのロータリアンの協力を戴くべく、事業の意義・楽しさ等の情報発信に努めます。

《活動計画》

  1. 「こども奈良ソムリエ」育成プロジェクトver2.0事業の企画・推進
  2. 東大寺福祉療育病院天坊まつりの応援
  3. ふるさと美化運動への参加・協力
  4. 交通安全運動市民決起大会への参加

国際奉仕委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 原田 芳朗

《基本方針》

  1. 国際奉仕委員会の各事業について会員の理解と協力をお願いする。
  2. 姉妹クラブとの交流を図る。
  3. 世界社会奉仕への認識を高める。

《活動計画》

  1. 世界社会奉仕委員会活動に協力する。
  2. 国際大会への委員参加を促す。
  3. 「こども奈良ソムリエ」育成プロジェクト事業に協力する。

青少年奉仕委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 近東 宏佳

《基本方針》

前提として、青少年奉仕の新世代とは、将来の社会の担い手となる30代までの若い世代の人たちのことを言います。支援の活動として国際奉仕・社会奉仕プロジェクトの事業支援、異文化の交流理解と促進事業への支援、更には指導力養成活動への支援をすることです。若いリーダーを育てネットワークを築き、アイデアを広げ、行動を起こすような若者の意欲を高める為の青少年指導者養成プログラム「RYLA」と専門性を問われますインターアクト・ローターアクト・青少年交換の3委員会の4輪で、日本の未来の担い手となる新世代への支援に対し、コミュニケーションを密に図ってまいります。

《活動計画》

  1. ・年4回のこども奈良ソムリエを通し自利利他の気付等への支援
  2. ・フードバンク奈良に対し、食品の寄付・活動への参加・お金の三本柱での支援
  3. ・奈良市立一条高等学校の共同奉仕活動への支援
  4. ・青少年交換事業への支援

インターアクト委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 太井 信太朗

《基本方針》

  1. 一条高校インターアクトクラブの運営支援及び協力
  2. インターアクト員の指導力や奉仕の精神の開発促進
  3. 年間奉仕活動の計画的実施やRC各種行事への参加促進
  4. 教職員の皆様にもインターアクトの運動の重要性を理解していただく

《活動計画》

  1. インターアクトクラブ員のクラブ運営の自発的活動を支援する
  2. インターアクトクラブの広報活動を推進する
  3. 奈良ロータリークラブとの交流を深める
  4. 奈良ロータリークラブ諸事業への参加を増進する
  5. 青少年奉仕委員内の交流
  6. 青少年奉仕委員会内での交流を図る

ローターアクト委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 松井 昭光

《基本方針》

  1. 例会・奉仕活動の充実
  2. 会員増強・拡大の継続
  3. 広報活動の強化
  4. ロータリークラブ・インターアクトクラブ・学友会などロータリーファミリーの一員として連帯を図る
  5. 創立45周年として、過去の活動を知り、未来の活動を創造する

《活動計画》

  1. ロータリアンが必ず例会・奉仕活動・理事会に参加し、助言提言を行いより良い例会作りを行う。
  2. 例会への参加を増やし、新規入会者の増強を図る。
     奈良ロータリークラブの会員企業に協力を仰ぎ、入会候補者を募る。
     クラブメンバーの例会参加を引き続き募り、例会の充実を図る。
  3. 会報への掲載など広報委員会と協力し、活動をより広く発信する。
     SNSを活用し活動をより広く知っていただく。
  4. 青少年奉仕委員会・学友会とも情報共有しそれぞれの事業の充実を図る。
  5. 創立45周年記念式典の開催に向け、過去と未来を見つめるための活動を行う。

青少年交換委員会

▲ ページのトップへ戻る
委員長 高木 信一

《基本方針》

  1. 交換学生の生活の安全確保の支援
     日常生活の基盤となるホストファミリー及び学校、或いは地区担当者との連携を密にし、交換学生の生活安全確保の支援に努める
  2. 青少年交換事業のルール遵守
     学生と共に、事業目的達成の為、事業実施上の規則を遵守する

《活動計画》

  1. ホストファミリー及び学校への諸課題に対するサポート
  2. ホストファミリー及び学校を通じての交換学生の生活の把握及び必要に応じた指導
  3. 交換学生の目的成果の把握及びその発信ができる場の提供
  4. 青少年奉仕事業への参加





ページのトップへ戻る